気になったら調べちゃう!

日々気になったことを調べて記録していきます。自分だけでなく誰かの役に立てる情報を残していけたらイイな。

Amazonベストセラーランキング1位が無料!!

Amazonベストセラーランキング1位が無料!!

1,000円で販売されている書籍が無料でもらえます!

必要なことはメールアドレスを登録するだけ!

読むと人生の選択肢が増えますね。

詳しい紹介はコチラ

赤ちゃんが嘔吐!すぐ病院?正しい対処法とは?大量 透明 黄色などの原因についても要チェック!

      2016/06/17

148712

赤ちゃんが吐いた!なんで?どうして?

初めて赤ちゃんが吐いたりしたら、心配になりますよね?

何が起きたのか?どう対処したらいいのか?など、大人ならすぐに察しが付きそうなものでも、赤ちゃんの場合はよくわからないという人のほうが多いと思います。

大人なら普通にできることが赤ちゃんにはできないため、大人と同じような対処は間違いだということも!?

赤ちゃんが嘔吐することはけっこう普通に起こるので、そのうち慣れてきますが、原因や対処、病院へ行くべきかなどの知識は持っておいたほうがいいですよ!

→他の症状についてはこちら

Sponsored Link

赤ちゃんの嘔吐(吐いた)の主な原因とは?

赤ちゃんはほんとによく吐きます。

これは、赤ちゃんの胃が未熟なために逆流してきやすいからなんですね。

そのため、多くの場合は以下が原因だったりします。

  • おっぱいを飲み過ぎた
  • げっぷと一緒に出た

ちなみに、嘔吐した後、けろっとして元気だった場合は、特に問題無いことが多いので、病院までいかなくても自宅で様子見で充分です。

 

赤ちゃんが吐いた時の対処法

赤ちゃんが吐いた時は平らで安全が確保された場所に、横向きに寝かせましょう。

口周りの汚れは湿らせたガーゼを用意して、優しく拭いてあげましょう。

この時、すぐに着替えさせたり、心配で抱っこしてしまうのは良くありません。

赤ちゃんの吐き気が治まったかなと感じられたら着替えさせても問題ありません。

 

それと、吐いた後は脱水が心配かも知れませんが、すぐに水分補給は吐き気を誘発する可能性があるため、1時間程度空けてからにしましょう。

大人であれば、感覚でもう水分補給しても大丈夫そうかわかりますが、赤ちゃんはそこまで細かい意思表示はできないため、ママがしっかりとタイミングを管理してあげる必要があります。

間違っても自分の感覚で判断しないようにしましょう。

 

病院へ行くかどうかの判断基準

赤ちゃんが嘔吐した時、注意しなければならない部分はいくつかあります。

 

以下のように、普段と比べて”なんか変”と感じた時はとりあえず病院へ連れて行ってみるのも手です。

  • おっぱいやミルクを飲んでいないのに嘔吐した
  • 噴水の様にピューっと吐いた
  • 吐いたものが白や透明以外(黄色や黄緑っぽい)
  • 何度も繰り返し吐く
  • 嘔吐した後、ぐずったりぐったりしている
  • うんちに血が混じった
  • 白いようなうんちが出た
  • 下痢をいている
  • いつもより皮膚が乾燥している
  • 赤ちゃんのお腹が張っている
  • 熱が出ている
  • 吐くだけでなくけいれんもした

けっこう多いですが、よく吐くからこそ、普段との違いがないかを観察して気付いてあげる必要があります。

特に黄色や黄緑色のものを吐いた場合は、腸閉塞を起こしている可能性があるため、救急車を呼ぶなどして緊急で病院へ連れて行くべきです。

 

大量に吐いた時の原因

大量に吐いただけなら問題無いことが多いです。

ただし、噴水の様に吐いた場合は幽門狭窄症という病気の可能性があるため、なるべく早く病院へ受診しましょう。

 

また、一度に大量に吐くよりも、何回も繰り返し吐く方が危険です。

吐いた量よりも、吐いた回数と間隔に注意しましょう。

 

吐いた物が透明だった時の原因

吐いた内容が透明だった場合は、よだれや胃液の可能性が高いです。

赤ちゃんは胃から逆襲してきやすいため、胃液を吐くことも多いですが、これは問題ありません。

ただし、繰り返し吐いているようであれば、病院へ行ったほうがいいでしょう。

 

吐いた物が黄色だった時の原因

吐いた内容が黄色だったり黄緑色だったり、とにかく白や透明以外だった場合は病院へ行くべきです。

普段おっぱいかミルクくらいしか飲んでいないのに、飲んだもの以外の色が出てきた場合は内蔵疾患を持っている可能性があります。

特に黄色や黄緑のものを吐いた場合は腸閉塞を起こしている可能性が高いため、すぐに病院へ連れて行きましょう!

 

本記事の注意事項

この記事はあくまで目安の一つです。

できるだけ信ぴょう性の高そうな情報を探してきていますが、最後の判断はママやパパがしなければなりません。

心配であれば、記事の内容なんか気にせずに病院に行ってくださいね!

お医者さんに「大丈夫ですよ」と言ってもらえれば安心できますし、一度経験していれば、次回からはもう少し冷静に判断できるようになります。

私を含め、多くのママ・パパのみなさんも、そうやって子育ての経験を積んでいったんだと思いますから(⌒▽⌒)

 

→他の症状についてはこちら



 - 病気, 育児