気になったら調べちゃう!

日々気になったことを調べて記録していきます。自分だけでなく誰かの役に立てる情報を残していけたらイイな。

Amazonベストセラーランキング1位が無料!!

Amazonベストセラーランキング1位が無料!!

1,000円で販売されている書籍が無料でもらえます!

必要なことはメールアドレスを登録するだけ!

読むと人生の選択肢が増えますね。

詳しい紹介はコチラ

赤ちゃんのブツブツはすぐ病院へ行くべき?赤くない場合は乾燥してる?

      2016/06/17

094835

赤ちゃんにある日突然ブツブツが!?

皮膚トラブルに会わない赤ちゃんはいないと言われているほど、赤ちゃんにできるブツブツは日常的な光景なんですね。

それでも、大事な我が子にブツブツができていたら心配になるものです。

今回は赤ちゃんにブツブツができたらすぐに病院に行くべきかを判断する基準と、そもそもブツブツが何かということについても調べてまとめました!

Sponsored Link

赤ちゃんのブツブツとは?

多くの場合、赤ちゃんにできるブツブツは乳児湿疹と呼ばれるものです。

赤ちゃんは神経が未発達のため、皮膚の常在菌(普段は問題ない菌)や皮脂、または外的刺激などに過剰な反応をしてしまって発症する湿疹です。

主に口の周りや額、髪の毛の生え際など、皮脂の分泌が多い場所にできる可能性が高いです。

 

また、赤ちゃんの皮膚は大人と比べて非常に薄く、新陳代謝も活発なためにいろいろな原因でブツブツができたりもします。

 

乳児湿疹以外では以下のものがあります。

  • あせも
  • おむつかぶれ
  • カンジダ性皮膚炎
  • 水疱瘡
  • 水いぼ
  • 蕁麻疹
  • アレルギー

かなり種類が多いですよね(^_^;)

ブツブツの多くは乳児湿疹に分類されるようですが、素人判断が間違っていると、治療開始が遅れる可能性もあるため、とりあえず小児科に行くのがいいかと思います。

特にアレルギーが原因の場合は、アナフィラキシーショックが非常に怖いので、自己判断は禁物です。

 

赤くないブツブツは何?

赤いブツブツが出ると、目立つので気になるのですが、実は赤くないブツブツもよく起こります。

うちの子もすぐにお腹や背中に赤くないブツブツができていましたが、これは”あせも”の場合と乾燥の場合があるみたいです。

どちらも清潔にして保湿に気を使ってあげればいいだけなので、お風呂あがりなどに赤ちゃん用の保湿クリームを塗ってケアしてあげましょう。

 

2~3日、ケアしながら様子を見て、改善が見られらないような場合は病院に行ってみましょう。
赤ちゃんの肌トラブル対策ベビーローション

 

赤ちゃんのブツブツで病院へ行く判断基準

上記でも書いていますが、赤ちゃんのブツブツの多くは乳児湿疹です。

ただの乳児湿疹であれば、清潔な状態で保湿を意識してあげれば自然に治っていきますが、他の原因の可能性もあるため、素人判断はしないことをおすすめします。

そのため、湿疹を確認したらとりあえず小児科へ受診されるのがいいと思います。

 

また、ブツブツが出ている時に発熱(38℃以上)が見られた場合は、なるべく早く小児科へ行きましょう。

発熱を伴う場合は皮膚トラブルではなく、危険な病気の可能性も出てくるためです。

ブツブツが出てから一度受診した後でも、発熱が確認できたらすぐに再受信して下さい。

上記のようにブツブツの多くは乳児湿疹であるため、最初の受診時には病気の原因が見落とされていることもあります。

1回診てもらったからちょっと様子を見ようなどとは思わずにすぐに受診するようにして下さい。

 

以下のような症状が見られた場合はすぐに病院へ行きましょう。

  • 飲食直後~30分くらいで呼吸困難を伴うじんましんがでた
  • ハチに刺された
  • 急激に大きく腫れ出した
  • 全身に赤い発疹がでて、かゆがって寝れない
  • 発疹と一緒にせきがでて呼吸が苦しそう

 

 

本記事の注意事項

この記事はあくまで目安の一つです。

できるだけ信ぴょう性の高そうな情報を探してきていますが、最後の判断はママやパパがしなければなりません。

心配であれば、記事の内容なんか気にせずに病院に行ってくださいね!

お医者さんに「大丈夫ですよ」と言ってもらえれば安心できますし、一度経験していれば、次回からはもう少し冷静に判断できるようになります。

私を含め、多くのママ・パパのみなさんも、そうやって子育ての経験を積んでいったんだと思いますから(⌒▽⌒)

→他の症状についてはこちら



 - 病気, 育児