気になったら調べちゃう!

日々気になったことを調べて記録していきます。自分だけでなく誰かの役に立てる情報を残していけたらイイな。

Amazonベストセラーランキング1位が無料!!

Amazonベストセラーランキング1位が無料!!

1,000円で販売されている書籍が無料でもらえます!

必要なことはメールアドレスを登録するだけ!

読むと人生の選択肢が増えますね。

詳しい紹介はコチラ

羽水高校のノックする女子マネージャーは誰?ノッカーを任されている理由とは?

      2016/07/15

今年の夏も高校野球が開幕しましたね。

そんな中、福井県ではシートノックを女子マネージャーがやる高校があるとか。

しかも、スイングが綺麗でノックも完璧にこなしているというから驚きです。

今回は神ノッカーとして話題になっている福井県羽水高校の女子マネージャーにフォーカスしたいと思います。

プロフィールやノッカーを任されている理由なども要チェックです!

Sponsored Link

羽水高校女子マネージャーのプロフィール

出典:http://news.livedoor.com

出典:http://news.livedoor.com

 

名前:古市琴美(ふるいち ことみ)

生年月日:1998年5月28日

年齢:19歳

出身:福井県福井市

身長:170cm

 

酒生小学校で1年生の時に

野球を始めたそうです。

きっかけは兄の影響でした。

当時のポジションは

一塁手(ファースト)。

 

ファーストは一番ボールが

集まるポジションですよね。

打たれたら最初は必ずといっていいほど

ファーストにボールを集めますから。

 

キャッチャーもボールを受けますけど

ファーストはほぼ全野手から

ボールが飛んで来ますし、

キャッチできないとアウトにならないですから

捕球技術は相当上達したんじゃないでしょうか?

 

足羽第一中学校に進学後は

野球部に入りましたが

女子部員は1人だけだったそうです。

 

まぁ女子で野球をやっている人は

プロ野球化しているとはいえ

まだまだ少ないでしょうからね。

 

この時に投手に転向し

男子に混じりながらも

エースナンバーを背負っていたそうです。

 

なんとプロ選手を何人も輩出している

羽水高校野球部の八力監督も

「きれいなフォームでいい球を投げる」

と絶賛しているほどだそうです。

 

幼い頃から野球をやっていたから

というだけでなく、

きっと野球センスも

素晴らしい物を持っているんでしょうね。

 

そんな古市琴美さんですが、

野球だけでなく勉強もできるんだそうです。

元々、高校は進学校へ進むつもりだったそうです。

ですが、進学先を選んでいた時に参加した

羽水高校の学校説明会で、羽水高校へ

進学しようと決める出来事がありました。

 

羽水高校の野球部を見学した時でした。

なんとそこには、女子マネージャーが

ノックをしている光景がありました。

 

女子マネージャーのノック姿を見て、

ずっと続けてきた野球に

マネージャー以外でも関われる

と思い、羽水高校への進学を

決意したんですね。

 

ここに運命の歯車みたいなものを

感じますね!

たまたま目にした

女子マネージャーのノック姿。

 

羽水高校は昔から

女子マネージャーがノックを

していたわけではないです。

 

当時のノック担当は

西山日向さんという

女子マネージャーでした。

 

西山日向さんは

中学でも野球をやっていたから

ノックをやりたいと監督に

申し出たんだそうです。

 

でもやっぱり前例がないため

それだけではダメだと

監督も断ったそうです。

 

それでも西山日向さんは諦めず、

後輩を捕まえては

グラウンドの隅っこで

ノックをやっていたそうです。

 

そんなことをずっと続けていたところ

様になってきていることに

監督が気づき、じゃあやってみろと

初代女子マネージャーノッカーが

誕生したんです。

 

古市琴美さんはまだ2代目の

女子ノッカーなんですね。

 

先代がいるタイミングで、

ノックしている姿を

たまたま見かけることができた。

 

おそらく、生まれた時代が

数年違っていたら

古市琴美さんが

先代のノックを見ることもなく

羽水高校へ進学してくることも

なかったでしょう。

 

まさに運命的なものを

感じちゃいますね!

 

古市琴美さんは

元々進学校を目指していただけあって

学業はずっと学年で1番だそうです。

 

ノックの技術も羽水高校に

入ってから練習して身につけました。

女子だからと打球が弱かったら

選手の練習にならないと思い

毎朝だれよりも早くグラウンドに行き

練習に励んでいたそうです。

 

現在はノッカーとして

評価されるほどに上達していることからも

その努力は並大抵のことでは

なかったでしょう。

 

それでも学業と両立し続けていることは

古市琴美さんがただの努力家ではないことを

物語ってますよね。

 

この夏話題の女子ノッカー古市琴美さんですが、

この春から高野連が公式戦でシートノックに

女子生徒が立ち入ることを禁止してしまいました。

これにより、最後の夏の高校野球で

試合前のノックを打つことが

できなくなってしまったんですね。

 

それでも古市琴美さんは

ベンチから全力で選手を

サポートするそうです。

 

 

この夏は福井県羽水高校の

活躍にも注目したいですね。

 

次ページでは

ノッカーに起用された理由と

実際のノック動画を紹介します。

1 ページ目 2 ページ目



 - スポーツ