気になったら調べちゃう!

日々気になったことを調べて記録していきます。自分だけでなく誰かの役に立てる情報を残していけたらイイな。

Amazonベストセラーランキング1位が無料!!

Amazonベストセラーランキング1位が無料!!

1,000円で販売されている書籍が無料でもらえます!

必要なことはメールアドレスを登録するだけ!

読むと人生の選択肢が増えますね。

詳しい紹介はコチラ

高気密・高断熱住宅にデメリットはあるの?気をつけるべきポイントとは?

      2017/07/26

高気密・高断熱の住宅を売りにしているハウスメーカーは多くありますが、なぜか高気密・高断熱の家を建てたのに夏暑くて冬寒いといった声がよく聞こえます。

 

なぜでしょうか?

 

それは高気密・高断熱住宅は設計や使う素材以外にも重要なポイントがいくつか存在しているからではないでしょうか。

 

その重要なポイントを知らずに建ててしまうと、高額なわりにデメリットの多い家になってしまうかもしれません。

 

人生で1度くらいしか家を建てることは無いので、できるだけ後悔のない家を建てたいもの。

 

今回は私が調べてみた高気密・高断熱の家を建てるためのポイントと、ポイントを押さえていなかった場合のデメリットを紹介したいと思います。

 

家を建てる時に重要なこと!失敗しない家づくり

Sponsored Link

高気密・高断熱の家のデメリットとは

まずは、高気密・高断熱の家を建てるためのポイントを押さえていなかった場合に、どんなデメリットが発生してしまうのかを紹介します。

 

はじめにどれだけ悲惨な状況になるのか知ることで、よりしっかりと必要なポイントが頭に入るのではないかと思います。

 

デメリット1:結露がひどい、乾燥がひどい

高気密な住宅の場合、家の中の空気が外に漏れにくいため、新鮮な空気が自然に入ってくることはほぼありません。

 

そのため、空気の移動が特に少ない部分に湿気が溜まり、結露しやすくなってしまいます。

 

これを防ぐためには換気システムが重要になってくるのですが、これもただ換気すればいいというものではないので注意が必要です。

 

換気して湿気を外に逃がすようにすると、今度は室内の乾燥に悩まされることになります。

 

特に冬場の乾燥はひどいものになりますので、換気システムがあるから大丈夫とは考えないようにしましょう。

 

デメリット2:夏がとにかく暑い

高気密・高断熱であるということは、室内の熱を逃がさない作りになっているということです。

 

冬場は暖かさが維持されるのでありがたいのですが、夏場は暑さを貯め込んでしまうため、冷房を止められない生活になります。

 

そのため、高気密・高断熱住宅を建てる時は、夏の熱対策をよく練ってから家を設計する必要があります。

 

デメリット3:シックハウス症候群の危険性

これは最近はあまり聞かなくなりましたが、建材に含まれる化学物質の影響だと言われています。

 

最近聞かなくなった理由は、建材の使用基準としてシックハウス症候群を引き起こすとされている物質を含んでいないことが定義されたためです。

 

ですが、まだ有害物質であると調査が進んでいないだけで、人体に影響のある物質を含む建材が使用される可能性はあります。

 

もし、そのような有害物質が含まれていた場合、高気密住宅では室内に放出された有害物質が出ていく先が無いために、いつまでも室内に留まってしまう事になります。

 

つまり、より有害物質を取り込みやすい環境だということです。

 

これも、換気システムによって回避することが可能です。

 

デメリット4:全然高気密・高断熱じゃない

これはよく聞く話で、デメリットというよりは失敗談ですね。

 

これには原因は様々なものがあります。

 

設計段階ですでに高気密・高断熱になっていない事は少ないと思いますが、高気密・高断熱の家を建てられる技術を持った人がいないなんてことはざらにあるようです。

 

このような技術のない人達に、正しい施工知識の無いまま家を建てさせることで、隙間だらけで断熱材も効果を発揮しない部分があったりなんてことが起こります。

 

以外に多いケースみたいですので、結局は関わる人が重要になってくるということですね。

 

デメリット5:建築コストがかかる

最後はコストです。

 

きちんとした高気密・高断熱の家を建てようと思うのなら、コストがかかることは理解して置かなければなりません。

 

材料をケチればその分断熱性能が下がります。

 

人件費をケチれば、たとえ充分な技術を持つ職人さん達だったとしても、対価の少ない仕事に手を抜かずにやりきることは難しいでしょう。

 

最後はお金の話になりましたが、高気密・高断熱の家はそれだけでお金がかかるため、その分他の部分を犠牲にして予算をやりくりする必要があるということです。

 

このあたりは前回書いた記事でも欲しいものに優先度を決めておくことが重要としています。

家を建てる時に重要なこと!失敗しない家づくり

 

押さえておくべき高気密・高断熱住宅を建てる時のポイント

デメリットをざっと紹介したので、今度は高気密・高断熱住宅を建てる時の重要なポイントを紹介します。

 

これが押さえられていないと、高気密・高断熱の目的が果たせない家になってしまう可能性が大です。

 

ポイント1:24時間換気システムはケチらない

デメリットの1~3まではこの換気システムの性能に掛かっていると言っても過言ではありません。

 

ここが必要な機能を持っていないことには、高気密・高断熱住宅の快適性も安全性もどれも発揮されないどころか、デメリットにまで落ち込んでしまいます。

 

しっかりと効率良く換気できるシステムを選ぶようにしましょう。

 

ただ、換気だけするシステムの場合、せっかくの冷暖房で調節した空気を外気と入れ替えてしまうことになるため、冷暖房が非効率になります。

 

また、新築の家の場合は24時間換気システムの設置が義務化されていますが、義務になっているがゆえに換気の機能を付けただけで、有効に活用できない設置になっていることも多いようです。

 

そこで、おすすめなのが全熱交換機という換気システムです。

 

全熱交換機の場合、外気が0度、室内が20度だった場合、換気して取り込まれた外気が14度になって室内に届けられるという仕組みになっています。

 

これなら、冷暖房の効率もそれほど下がりません。

 

さらに、室内の湿度もある程度吸気に戻すようになっているため、必要以上に乾燥していしまうことも防いでくれます。

 

24時間換気システムにどのようなものを選ぶかによって、住宅の性能が大きく変わってきます。

 

ポイント2:外壁だけなく天井・窓や基礎の断熱も要チェック

高気密・高断熱の家にするためには、断熱材の施工が正しく行われていなければなりません。

 

よく聞くケースは、断熱材の正しい施工方法を知らない職人さんが、なんとなく施工してしまうことで、断熱効果を発揮しなかったり、隙間が空いて気密性が下がったりするケースです。

 

例えば、床下の断熱として防湿シートを施工するケースで、防湿シートはきちんと隙間なく設置する必要があるのですが、家を立てた後で床下を覗いてみたら、防湿シートが置いてあるだけだったなんてこともあったみたいです。

 

特にグラスウールの断熱材は正しい施工が行われていないと、断熱性能を発揮しないどころか、壁内結露を起こしてしまって、家が内側から腐っていくなんて事態にもなりかねません。

 

施工が正しくなければ家の寿命自体までも削ってしまうため、職人さんの技術力もウリにしているハウスメーカーや工務店を選ぶようにしましょう。

 

また、天井の断熱材については特例があり、充分な断熱に必要とされている断熱材の量が少なくても基準をクリアできるケースがあります。

 

この場合、1番太陽の熱を受ける屋根の断熱性能が低くなってしまうため、夏暑い家になりやすくなります。

 

建築時の図面を全て読めるようになる必要はありませんが、せめて天井と外壁の断熱材とその量は見て取れるようになるか、きちんと説明してもらうようにしましょう。

 

ポイント3:家を建てている時は抜き打ちでチェックに行く

ポイント2でも職人さんの技術が重要としていますが、技術を持っている職人さんは大概忙しいものです。

 

技術を持っているということは、色んな現場から必要とされているということですので。

 

だからといって、自分の家を手抜きにされたら困りますよね?

 

そのための抜き打ちチェックです。

 

特に、棟梁と呼ばれる現場監督クラスの人は、前半だけ現場を仕切って、後半は部下達に任せっぱなしなんてことがよくあります。

 

ですので、基礎工事の時に1回、骨組みの時に1回くらいは抜き打ちで差し入れでも持って見学に行きましょう。

 

この時、基礎の断熱方法や、コンクリートのジャンカ-と呼ばれる隙間があるかなどを棟梁に確認するようにしましょう。

 

多少なりとも知識があると思わせることができれば、手を抜いたらバレる現場だと認識してもらえる可能性があります。

 

手抜きは問題が表面化しなければバレないため、効率を上げるために必要以上にチェックを行わないことが普通にあります。

 

ですが、問題が発生する前に手抜きがバレてしまうと、建築費を回収できなくなるかもしれないため、手抜きがバレそうな相手にはきちんと対応しようと思うのが人間です。

 

きっちりと抜き打ちチェックで見てるぞアピールをしておきましょう。

 

ポイント4:最終的に無理な値切りをしない

他社の広告などで見たからと言って、契約前の最終段階で大幅な値引きを要求するのはよくありません。

 

広告に出すような大幅な値引き額は、予め値引き分を積み上げた金額から値引いていると思いましょう。

 

建築業界の費用の内訳はメーカー毎に様々で、統一されたルールなんてものはありません。

 

そのため、どこにどのような費用が掛かっているのか、また、どこに利益を載せているのかを見抜くことは至難の業と言えるでしょう。

 

で、値引き額を積みまししていない金額から大幅な値引きを勝ち取ったとしましょう。

 

その時は、建築費用が浮いて良かったと思うかもしれません。

 

ですが、その値引き分は誰が負担するのでしょうか?

 

契約したメーカーや工務店でしょうか?

 

答えは下請け業者、つまり実際に現場で家を作る人たちが負担します。

 

全額が下請け業者に行くわけではありませんが、相当な負担が下請け業者に回ってきます。

 

結局値引き額からなんとか利益を出すために、現場は少ない予算で作業をする羽目になります。

 

すると、

予算がないので人出が足りない→人出が足りないと期間内に終わらない→省略できる部分はできるだけ省略して効率を上げる→手抜きになる(またはミスを見逃す)

といった事が起こります。

 

そして、出来上がった家は不備がたくさんある欠陥住宅となるわけですね。

 

必ずそうなるわけではないですが、確実にその確率は跳ね上がるでしょう。

 

見知らぬ誰かのためにボランティアできつい仕事を精一杯頑張ろうと思える人はそうそういません。

 

無理な値引きは自分に返ってくることを認識しておきましょう。

 

まとめ

高気密・高断熱住宅を建てるためには、自分もしっかりと知識を持っていないと不備があっても気づくことができません。

 

高気密・高断熱を謳っているハウスメーカーや工務店であっても、建築後の高気密・高断熱については明確な指標をだした保証は行っていません。

 

そのため、後で文句をつけてもすいませんの平謝りだったり、ひどいところだとそんなの知らんくらいの態度の場合もあるようです。

 

高気密・高断熱の家を建てるためには、設計も素材も大工さんも、すべてをまんべんなく良いものを揃えないと実現できません。

 

少しでもいい家を建てられるように、最低限の知識は持っておくことが大切です。

 

予算との兼ね合いでどうしても希望通りにできない部分も出てくることでしょう。

 

それでも、知識を持っていれば、メーカーとの打ち合わせでも気になる部分をしっかりと相談していくことができます。

 

意外と営業マンの方が知識が無い場合も多いため、自分よりも知識が無い場合は担当替えをお願いするべきです。

 

その判断も知識を持っていなければできないため、後悔の少ない家づくりのためにもちょっと頑張って勉強しておくのがオススメデスネ。

 

まだあったデメリット!

高気密・高断熱住宅にはシロアリがやってくる!?まさかのデメリット



 - お役立ち・ハウツー