気になったら調べちゃう!

日々気になったことを調べて記録していきます。自分だけでなく誰かの役に立てる情報を残していけたらイイな。

Amazonベストセラーランキング1位が無料!!

Amazonベストセラーランキング1位が無料!!

1,000円で販売されている書籍が無料でもらえます!

必要なことはメールアドレスを登録するだけ!

読むと人生の選択肢が増えますね。

詳しい紹介はコチラ

前仲孝樹は元警備員で出禁だった!?藤田菜七子のゼッケン盗難犯人とは?

      2017/06/27

2016-03-26_06h33_54

藤田菜七子騎手の初勝利ゼッケンにサインを書かせて持ち去った事件の容疑者として前仲孝樹という人が逮捕されたようです。

 

犯人と思われる前仲孝樹容疑者は、窃盗ではなく建造物侵入の罪で逮捕されました。

 

なぜ窃盗で逮捕にならなかったのでしょうか?

 

また、前仲孝樹容疑者は前科があるのか、競馬場の出禁者リストに載っていたという話もあります。

 

なぜ出禁になっているのに、競馬場に入れたのでしょうか?

 

今回は前仲孝樹容疑者と競馬場の警備について調べてみました。

 

藤田菜七子騎手の初勝利ゼッケン盗難の記事はこちら

Sponsored Link

前仲孝樹容疑者逮捕が建造物侵入罪だった理由

藤田菜七子騎手が騎乗した馬のゼッケンにサインを書いてもらって持ち去ったと言われていますが、逮捕されたのは建造物侵入罪としてでした。

 

前仲孝樹容疑者は51歳ということですが、なんと母親に付き添われて出頭したそうです。

 

51歳の母親だと若くても60代後半、70代~80代でもおかしくない年齢ですよね。

 

51歳にもなって、高齢の母親に付き添われて出頭するあたり、ちょっと残念な人なのかなって思っちゃいますね。。。

 

出頭した時、盗んだ藤田菜七子騎手のサイン入りゼッケンを持っていたそうですが、なぜ窃盗罪にならなかったのでしょうか?

 

現物を持っていたらすぐに犯人として逮捕されちゃいそうですけど、そこは「本物」の確認が済まないと窃盗罪として立件できないみたいですね(^_^;)

 

警察も誤認逮捕とかしちゃうとイメージが悪くなっちゃいますし、ちゃんと仕事していないとか言われて叩かれちゃいますからね。

 

窃盗罪は現行犯としてその場で捕まえられないと、世界に1つしか存在しないはずのものでも、まず本物であることを確認しないとダメなんですね。

 

そして、本物であっても、実際に盗んだ犯人であるかも調査してから逮捕になると。

 

やっぱり、真犯人がいた場合を考えてるんでしょうね。

 

身代わり出頭させたとかだと、本当に悪いことをした真犯人は逃げきれてしまう可能性が高くなっちゃいますからね。

 

個人的には冤罪だろうとなんだろうと、疑わしいのであればバンバン逮捕しちゃっていいと思いますけどね。。。

 

その方が、「悪いことをしたら捕まる」から「悪いうわさが立つと疑われて捕まる」になっていって、警察が抑止力として機能するような気がするので(^_^;)

 

まぁ、それはそれで、結局白だったらすんなり釈放されるというのが定着していったら捕まったくらいで騒がれることが無くなって、捕まることくらい怖くないなんてことになるのかもしれませんが(;・∀・)

 

いろいろ考えだすと抑止力って難しいんですねぇ。

 

[ad#ad-1]

前仲孝樹容疑者の前科とは?出禁だった?

実は前仲孝樹容疑者は競馬場の出入り禁止リストに載っていたみたいです。

 

浦和競馬の関係者によると、口取り写真に写っている不審な男は、競馬場を出入り禁止になっている元警備員の可能性が高いという。同じ南関東の川崎競馬のジャンパーを手に入れて着用し、関係者になりすましたとみられる。「競馬場の出入り禁止リストに載っている人物がどういうわけかチェックを逃れて入ってきたようだ」と関係者は話した。

スポーツ報知より引用

URL:http://www.hochi.co.jp/horserace/20160326-OHT1T50240.html

 

前仲孝樹容疑者は元警備員で、出入り禁止になるようなことをやっちゃっていたってことですね。

 

元警備員だったってことは、競馬場への侵入経路や警備の薄い箇所などはよく分かっていた可能性もありますね。

 

でも一番の問題は

 

「競馬場の出入り禁止リストに載っている人物がどういうわけかチェックを逃れて入ってきたようだ」

 

これですよね(^_^;)

 

やっぱり競馬場の警備自体がザルだったという事実。

 

そんな簡単に入れちゃうものなのかは調べるとわかっちゃいます。

 

事件のあった浦和競馬場ですが、過去に他の騎手も盗難被害にあっていたんですね。

 

2006年に武豊騎手と福永祐一騎手が同日同レース出走時、現金20万円と高級腕時計を盗まれています。

 

過去に窃盗事件が起きていて、また起きたとなると、やっぱり警備が甘かったんじゃないかと思いますよね~。

 

今回は本人が盗まれたゼッケンを持って出頭してきたということなので、本物だと思いますので、藤田菜七子騎手の初勝利記念のゼッケンが戻ってきたことを素直に喜びたいですね。

 

 

で、戻ってきたゼッケンは前仲孝樹容疑者がサインしてもらう時に言った「記念品として管理する」が現実になりそうな気がしますね(笑)

 

使い回すゼッケンですけど、サイン書かれちゃってますし(⌒▽⌒)

 

藤田菜七子騎手の初勝利ゼッケン盗難の記事はこちら



 - スポーツ, 事件・事故