気になったら調べちゃう!

日々気になったことを調べて記録していきます。自分だけでなく誰かの役に立てる情報を残していけたらイイな。

Amazonベストセラーランキング1位が無料!!

Amazonベストセラーランキング1位が無料!!

1,000円で販売されている書籍が無料でもらえます!

必要なことはメールアドレスを登録するだけ!

読むと人生の選択肢が増えますね。

詳しい紹介はコチラ

海野大透はトランポリン一家!?両親や出身中学などプロフィールを調査!

      2016/04/14

2016-04-07_14h43_54

トランポリン競技の日本代表選手である海野大透さんって知ってますか?

現在16歳なのですが、一昨年の14歳の時に年齢別世界選手権では個人とシンクロで優勝し2冠を達成しています。

すでに2020年東京オリンピックの強化選手に指定されていることからも、オリンピックでの活躍を期待されている選手なんですね。

そんな海野大透さんについて、プロフィールや出身中学・高校などをまとめてみました。

Sponsored Link

海野大透wiki風プロフィール

名前:海野大透(うんの ひろと)

生年月日:2000年3月19日

出身:静岡県静岡市

家族:両親、姉、祖父母の6人家族

中学:静岡市立長田南中学校

高校:浜松修学舎高等学校

所属クラブ:静岡トランポリンクラブ

 

所属している静岡トランポリンクラブとは、自宅の隣にあるクラブで、運営しているのはなんと海野大透さんのおばあちゃんなんだそうです。

 

海野大透さんの家族はトランポリン一家なんだそうですね(^_^;)

 

祖母の弘美さんは日本体育大学でトランポリンの選手をされていました。

 

父親の大輔さんは元選手で今は大透さんのコーチをしています。

大輔さんは2014年には日本体操協会の優秀指導者にも選ばれていますね!

 

そして、姉の玲奈さんもトランポリンの現役選手で、昨年は団体で全国5位、個人では最も跳躍している時間が長かった人に与えられる「最高跳躍点賞」を獲得されてます。

 

こんな家族に囲まれて育っているので海野大透さんがすごい選手になるのも納得ですね!

 

トランポリン競技って?

海野大透さんが活躍しているトランポリン競技について、ルールなど知らない方向けにまとめてみました。

 

まず、トランポリンは体操競技の1つとされています。

 

そのため、他の体操競技と同じように、演技を披露し採点してもらうことで勝負が決まります。

 

トランポリンの種目にもいくつか種類がありますが、オリンピックで採用されているのは個人競技のみとなります。

 

個人競技は規定演技と自由演技の2回の演技を行い、合計得点で競い合います。

 

演技の基本は10回連続で跳躍することと、その10回はすべて違う技を行うこととされています。

 

規定演技では、あらかじめ決められている技を含めて10個の技を連続で決める必要があります。

 

自由演技は自由に技を10個選び、演技することができます。

 

評価の基準は技の難度、空中での姿勢、高さの3つです。

 

また、トランポリン中央のジャンピングゾーンと呼ばれる範囲を外れると減点となります。

 

連続で技を10回決めなければならないため、1度のミスが致命的になることも多く、難しい競技だということがわかりますね。

 

[ad#ad-1]

海野大透の課題は安定感!?

海野大透さんは特に高さのあるジャンプが得意で、滞空時間の長さは多くの優秀な選手を育ててきた監督も太鼓判を押すほど。

 

国内には元世界ランキング1位で前回のロンドンオリンピックでは日本人歴代最高となる4位になった伊藤正樹選手がいます。

 

伊藤正樹選手もジャンプが得意で、その高さは世界一とも言われています。

 

そんな伊藤正樹選手は海野大透さんの演技を指導したことがあります。

 

伊藤正樹選手が海野大透さんの演技を見た時、技の難易度が上がると基本であるジャンプがおろそかになっていることを瞬時に指摘。

 

技の着地でジャンピングゾーンに収まらず,演技に波があるという海野大透さんの課題をあっという間に見ぬいてしまいました。

 

その後、問題点を的確にアドバイスし、トレーニング方法まで指導した結果、アドバイスを受けた海野大透さんの演技は素人目にも分かるほどに安定感が増していました。

 

海野大輔コーチには、父親がコーチだと言われたことを素直に受け取れないようだと分析されていた海野大透さんですが、さすがにオリンピック経験者である伊藤正樹選手の指導には吸収しようとしている意欲が感じられたそうです。

 

最後に伊藤正樹選手は自分を越えて行って欲しいと言わんばかりの厳しいエールを送っていました。

 

「東京五輪までどれだけ自分の中で逆算できてるか。4年後に世界選手権に立ってるか想像できてるか」

「今は俺との間に差があるけど、いつのタイミングで抜いてやろうと考えているか」

 

海野大透さんはすでにジャンプに関しては同世代より頭一つ抜けた実力を持っています。

 

そんな海野大透さんが安定感を身につけた時には、オリンピックで世界のトップ選手達と渡りあえるような選手になってくれそうですね!

 

伊藤正樹選手からのアドバイスをしっかりモノにして、世界で活躍する選手に成長して行くのを応援してきたいと思います!



 - スポーツ