気になったら調べちゃう!

日々気になったことを調べて記録していきます。自分だけでなく誰かの役に立てる情報を残していけたらイイな。

Amazonベストセラーランキング1位が無料!!

Amazonベストセラーランキング1位が無料!!

1,000円で販売されている書籍が無料でもらえます!

必要なことはメールアドレスを登録するだけ!

読むと人生の選択肢が増えますね。

詳しい紹介はコチラ

ラニーニャ現象とエルニーニョ現象の違いとは?日本への影響は?

      2016/06/21

エルニーニョ現象とラニーニャ現象の違いとは?

エルニーニョ現象とラニーニャ現象は対になっていると説明してきたように、基本的には表裏一体のような関係をしています。

そんななかでも、いくつか違いがあるそうです。

一つは、海水温の変化具合です。

エルニーニョ現象では海面水温が平均1~2度高くなるのに対して、ラニーニャ現象ではそこまでの温度変化は起こらないそうです。

[ad#ad-1]

もう一つは、継続する期間です。

エルニーニョ現象は1年で終息し、ラニーニャ現象は2~3年程度継続すると言われていました。

ですが、最近はエルニーニョ現象の期間が長くなってきているため、この限りではなくなってきているといえます。

 

さらに、エルニーニョ現象とラニーニャ現象は、過去の傾向として交互に発生することが多いようなのですが、稀に連続して発生することもあるようです。

一旦エルニーニョ現象が終息して、次はラニーニャ現象か?と思いきや、またエルニーニョ現象が発生したよ!?みたいな(^_^;)

[ad#ad-1]

最後に

エルニーニョ現象はよく聞く名前でしたが、ラニーニャ現象という反対の現象があることを知り、内容をまとめてみました。

エルニーニョ現象とラニーニャ現象が同時に発生することは無いのですが、どちらが発生しても、大なり小なり日本に影響があります。

世界的に見ると、もっと深刻な影響が出ている地域も多いため、日本はまだましなのかもしれません。

他にも温暖化による異常気象もあるので、エルニーニョ現象やラニーニャ現象も温暖化の影響を受けて、日本に与える影響が変化してきているとも言われています。

どちらかと言えばエルニーニョ現象の影響の方がまだいいのかなとも思いましたが、災害が起こった時はどっちの影響だったかなんて関係ないですよね。

影響を調べてみて思ったのは、異常気象は必ずしも起きるわけではないけど、起きないわけでもないということ。

普段からもっと防災意識レベルを上げて生活していかなければならないなということを痛感しましたね(^_^;)

 

 

1 ページ目 2 ページ目 3 ページ目



 - お役立ち・ハウツー