気になったら調べちゃう!

日々気になったことを調べて記録していきます。自分だけでなく誰かの役に立てる情報を残していけたらイイな。

Amazonベストセラーランキング1位が無料!!

Amazonベストセラーランキング1位が無料!!

1,000円で販売されている書籍が無料でもらえます!

必要なことはメールアドレスを登録するだけ!

読むと人生の選択肢が増えますね。

詳しい紹介はコチラ

門倉有希の監禁はバタードウーマン症候群のせいだった!?学習性無力感とは?

   

2016-04-15_19h54_47

2016年4月15日の「爆報!THE フライデー」で門倉有希さんが過去の失踪理由について、本当は監禁だったことを告白されていました。

 

デビューした年の新人賞は確実と言われていたのに、イベント当日にドタキャン。

 

その裏では当時付き合っていた彼氏に監禁されていたということでした。

 

このとき、門倉有希さんに起きていた症状はバタードウーマン症候群というものでした。

 

さらには恐怖による洗脳から学習性無力感という症状も出ていたため、なかなか逃げ出すことができなかったそうです。

 

今回は門倉有希さんがに起きていた2つの症状について、どういったものなのかを調べてみました。

Sponsored Link

バタードウーマン症候群とは?

バタードウーマン症候群とは別名バタード・ウーマン・シンドロームとも言われている複雑性PTSDという症状です。

 

PTSDとあることから推察できる通り、心の病に近いものがあります。

 

この症状が出ると、感情が鈍り、殴られてもあまり痛みを感じなくなります。

 

そして、自分自身に対する評価が下がった状態となり、何をされても「自分が悪いせい」と思い込んでしまう状態になります。

 

こうなってしまうと、原因が自分にあると考えてしまうため、相手から逃げるといった思考にたどり着けなくなってしまうのです。

 

また、この状態におちいると、うつのような症状も併発するそうなので、ますます自発的に行動を起こすことが難しくなります。

 

門倉有希さんが彼氏から暴力を受ける中で、彼氏が暴力後に必至に謝ってくる姿から、自分が彼氏にそこまでのことをさせてしまったんだといった自責の念が沸いてしまい、バタードウーマン症候群になっていったと考えられます。

 

 

学習性無力感とは?

繰り返し受け続けてきた心理的ストレスから、行動を起こしても無駄だと考えるようになって、何も行動を起こさなくなる状態のことを学習性無力感といいます。

 

今回の門倉有希さんの例では、彼氏の暴力によって本当に命を失うかもしれないと感じた所から始まります。

 

この時点で、すでに恐怖に支配され始めてしまったため、すぐにバレてしまうかもしれない行動は取れなくなってしまいます。

 

さらに、彼氏がトイレに入った隙に逃げ出そうとした時、結局逃げきれずに捕まったことで、逃げても無駄だという経験を重ねてしまうんですね。

 

これにより逃げること自体が恐怖の対象となってしまい、外出時にも彼氏が近くにいたために助けを呼ぶ行動を起こせなくなりました。

 

これがまさに学習性無力感の状態なんですね。

 

長年に渡って監禁されていたような事件では、被害者はほぼ、この学習性無力感の状態にあり、自発的に逃げ出すことが難しかったと言われています。

 

門倉有希さんは、彼氏が外出する予定をたまたま聞いたことで、逃げ出すチャンスを掴み、結果逃げ出すことに成功します。

 

ですが、この時も逃げ出すまでに「罠なんじゃないか?」とか、「本当に逃げ出せるのか?」などと思いを巡らし、なかなか行動を起こせなかったそうです。

 

学習性無力感の状態になっていたことは外部の人間からは分からないため、「何故逃げられる状況で助けを呼ばなかったのか?」などと言われてしまいますが、とにかく何をしても無駄という考えに支配されてしまっているため、通常の思考状態ではないということを理解する必要があります。

 

 

その後の門倉有希さんは?

新人なのに、重要なイベントをドタキャンしたことで、芸能界を干されてしまいました。

 

子供の頃からの夢だった芸能界に居場所がなくなり、生きる希望もなくしてしまっていた中で、門倉有希さんは1匹の野良猫と出会ったそうです。

 

野良猫の姿が自分と重なったのか、妙に惹かれてそのまま野良猫を飼い始めることになりました。

 

この野良猫との出会いをきっかけに彼女は復帰への道を進み始めます。

 

そして、地道な努力がみのり、門倉有希さんの代表曲となる「ノラ」で80万枚も売れる大ヒットを出しました。

 

 

現在の門倉有希さんは8匹の猫と一緒に暮らしているそうです。

 

まだご結婚もされておらず、イベントで歌を披露するなど歌手活動は継続されているみたいです。

 

恐ろしい経験だったとは思いますが、無事に逃げ出せたことでやり直すことができたんですね。

 

どんなことが起きても、生きていればやり直しがきくのが人生なんだということを思い知らされました。

 



 - 事件・事故, 芸能・テレビ