気になったら調べちゃう!

日々気になったことを調べて記録していきます。自分だけでなく誰かの役に立てる情報を残していけたらイイな。

Amazonベストセラーランキング1位が無料!!

Amazonベストセラーランキング1位が無料!!

1,000円で販売されている書籍が無料でもらえます!

必要なことはメールアドレスを登録するだけ!

読むと人生の選択肢が増えますね。

詳しい紹介はコチラ

エコノミークラス症候群の症状と予防!原因を知って対策しよう!

      2016/04/26

29abea72a6611406481e59f3824e0fc3_s

熊本地震の余震が続く中、避難されている方の中でエコノミークラス症候群になる人が出てきていると報道されています。

エコノミークラス症候群は新潟県中越地震の時に大きく取り上げられたため、名前を知っている方も多いと思います。

今回はエコノミークラス症候群について、どんな症状がでるのか?何が原因なのか?予防するにはどうすればいいのか?ということをまとめたいと思います。

事前に対策を知っていれば、適切な対応で発症を防ぐこともできるため、メモするなりブックマークするなりですぐ分かるようにしておくと便利です。

 

エコノミークラス症候群になりやすい人とは?治療法はどうする?

避難所や車中泊でエコノミークラス症候群を予防する方法とは?

Sponsored Link

エコノミークラス症候群とは?

正式名称は「静脈血栓塞栓症」といいますが、飛行機のエコノミークラスの乗客によく見られる症状だったため、「エコノミークラス症候群」と呼ばれています。

飛行機のエコノミークラスのように長い時間、同じ姿勢で座っている状態が続いていると、脚の血液の流れが悪くなります。

特に静脈の流れが悪くなると、血液が流れていかない部分ができる(よどんでいる)状態となり、血液が固まってしまうことがあります。

この固まった血液を血栓といいます。

血栓は血流に乗って場所を移動しますが、細い血管などに入って血流を詰まらせてしまうこともあります。

こうして血管が詰まってしまうことでいろいろな症状を引き起こすことをエコノミークラス症候群と呼びます。

特に血栓が移動して肺動脈を詰まらせることを肺塞栓症といい、重大な症状を引き起こし、亡くなる可能性も高くなります。

なお、2004年の新潟県中越地震で血栓が見つかった人の4人に1人は1年後にも血栓が消えていなかったことから、一度できてしまった血栓は無くなり難いことが分かっています。

このため、血栓ができないように予防することが何よりも大切になってきます。

エコノミークラス症候群になりやすい人とは?治療法はどうする?

1 ページ目 2 ページ目 3 ページ目 4 ページ目 5 ページ目



 - 病気