気になったら調べちゃう!

日々気になったことを調べて記録していきます。自分だけでなく誰かの役に立てる情報を残していけたらイイな。

Amazonベストセラーランキング1位が無料!!

Amazonベストセラーランキング1位が無料!!

1,000円で販売されている書籍が無料でもらえます!

必要なことはメールアドレスを登録するだけ!

読むと人生の選択肢が増えますね。

詳しい紹介はコチラ

エコノミークラス症候群になりやすい人とは?治療法はどうする?

      2016/04/26

231035

エコノミークラス症候群は命に関わる危険性が大きいため、きちんと知識を持って予防することが一番大切とされています。

特に注意しなければならないのは、エコノミークラス症候群になりやすい条件を持っている人です。

今回はエコノミークラス症候群になりやすい人の条件をまとめますので、あなたがこの条件に当てはまっていたなら、しっかりと予防に務めることをお勧めします。

 

エコノミークラス症候群の症状と予防!原因を知って対策しよう!

避難所や車中泊でエコノミークラス症候群を予防する方法とは?

Sponsored Link

エコノミークラス症候群になりやすい人の特徴

エコノミークラス症候群になりやすい人は、血栓が出来やすい人です。

血液の流れが悪い人などが当てはまります。

特に以下のような人は要注意です。

  • 肥満
  • 背が低い
  • 糖尿病や高脂血症などの生活習慣病の人
  • 40歳以上の女性
  • タバコを吸う人
  • 下肢静脈瘤を持っている人

背が低いだけでも血栓ができやすくなるなんて意外でした(^_^;)

また、年齢が高くなるほどに血栓もできやすくなるそうなので、高齢者にエコノミークラス症候群が多いのも納得ですね。

 

上記以外でも、脱水症状のように水分が不足した状態になると、血が固まりやすくなるため、上記の条件に当てはまらない場合でも、水分には十分に気を使った方がいいです。

エコノミークラス症候群の症状と予防!原因を知って対策しよう!

 

1 ページ目 2 ページ目



 - 病気