気になったら調べちゃう!

日々気になったことを調べて記録していきます。自分だけでなく誰かの役に立てる情報を残していけたらイイな。

Amazonベストセラーランキング1位が無料!!

Amazonベストセラーランキング1位が無料!!

1,000円で販売されている書籍が無料でもらえます!

必要なことはメールアドレスを登録するだけ!

読むと人生の選択肢が増えますね。

詳しい紹介はコチラ

枝豆のゆで方!冷凍を美味しく簡単に調理!圧力鍋も使える!

      2016/05/19

4fdbfc981ba539924faff23d5e34d6d8_s

食べだすと止まらない枝豆

なんとなくゆでてしまっていませんか?

なんとなくでも美味しいのですが、さらに美味しく作れたら?

今回は枝豆の美味しいゆで方を調べてみました!

冷凍保存しておいた枝豆のゆで方や圧力鍋で調理する方法も要チェックですよ!!

枝豆の保存方法!ゆでる前とゆでた後では?常温冷蔵冷凍でベストはどれ?

枝豆の栄養価は?食べ過ぎたら危険!?大豆イソフラボンは?

Sponsored Link

枝豆のゆで方の基本

ためしてガッテンでも紹介されていたおいしい枝豆のゆで方です。

【分量】

枝豆 200g~400gくらい

塩 40g

水 1L

※水の量に対して塩分濃度が4%にするのがポイント

 

【手順】

1.枝豆を洗って水をよく切る

2.さやの両端を切る(キッチンハサミがやりやすいです)

3.塩もみする(塩10g)

4.水(1L)に塩(30g)を入れ、沸騰させる

5.沸騰したら枝豆を投入して4分

6.ざるなどでお湯を切って完成!

 

手順を紹介している動画があったので参考にどうぞ♪

 

枝豆の両端をカットしているのは、その方が塩味が馴染むからだそうです。

我が家ではカットせずにゆでた後で塩をふるやり方ですが、それでも充分においしく食べられるので、面倒であれば後で塩をふるやり方でもいいと思います。

[ad#ad-1]

冷凍した枝豆の解凍方法

生のまま冷凍保存していた場合は、通常の枝豆をゆでる手順と同じで問題ありません。

ただ、枝豆の両端カットや塩もみは、凍ったままでは大変なので、塩茹で&後で塩振りといった手順の方が合います。

 

すでにゆでてある枝豆を冷凍していた場合は、自然解凍で大丈夫です。

はやく食べたい場合は、沸騰したお湯に30秒~1分程度湯通しするとおいしく食べられます。

この時のお湯にも塩を入れたほうが、味が薄くならなくておすすめです。

 

枝豆は圧力鍋で蒸すのもおすすめ

なんと圧力鍋でも枝豆をおいしく食べることができます。

 

間違えちゃいけないのは、”ゆでる”ではなく”蒸す”ということ。

ゆでちゃうと柔らかくなりすぎるので、気をつけて下さいね!

 

枝豆は蒸しす(中かご)にいれて調理します。

蒸しすがなければ、水を切ったときのザルごと入れちゃえばOKです。

 

蒸すための水は1カップ程度です。

 

【手順】

1.枝豆を洗って水を切る

2.圧力鍋に水を入れ、蒸しすに枝豆を入れてセットする

3.フタをして火にかける

4.圧がかかってから2分間計り、火を止めて1分蒸す

5.鍋から出して塩をふって完成

 

こんな感じにあっという間にできちゃいます!

 

ゆでる時は枝豆の両端をカットしたりしますが、蒸す時にカットするとこれまた柔らかくなりすぎる原因になるので、そのまま蒸してしまいましょう。

 

ゆでると枝豆の旨味も溶け出してしまいますが、蒸せば旨味を逃さないので、枝豆本来の味を濃く感じることができます。

 

こっちの方が美味しいという声も多いですよ!

 

ゆでるよりも手間がかからず簡単だと思うので、面倒くさがりさんほど圧力鍋がおすすめです(笑)

 

圧力鍋を持っているならぜひ試してみてくださいね♪

 

枝豆の保存方法!ゆでる前とゆでた後では?常温冷蔵冷凍でベストはどれ?

枝豆の栄養価は?食べ過ぎたら危険!?大豆イソフラボンは?

 



 - 料理・レシピ